美術館でスタンドアップコメディ

タケアキです

毎週水曜は美術館が夜10:00までやっているのでよく行きます。

このニューサウスウェールズ州立美術館は入場無料で最高です

毎週水曜はイベントをやっているみたいなんですが、今日はスタンドアップコメディをやってました。

絵を見て歩いていたら遠くから笑い声がワッと響いてくる感じです。

他にも17世紀~19世紀くらいの時代の作品が飾れているコーナーでは、ワインを片手に語り合う会が開かれていたりした。

美術館とか展示会場はもっとカジュアルに人が集まる場所になっていけばいいんじゃないかと感じたことがあるので、今日はなんか具体例を見た気がした。

それにしてもこの国の人々の人達のパフォーマーに対する敬意やリスペクトの気持ちはすごいなと思う。おそらく文化として代々伝わっているものなんだろう。例えば僕が路上で歌ってて親が子供にお金を握らせてギターケースがある僕の目の前までトコトコ歩いてくることが毎回ある。そういうところなんだと思う。

芸術が視覚的に聴覚的に社会にどれだけ大きな影響を及ぼしているか、それによって人々が動くということまでをわかった上でのことなんだろうか、とにかく素敵な文化である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA