【英語学習】シンガー目線で見た 日本人が発音に苦労するワケ

タケアキ(@takeakikato)です

今日は英語の発音について書きます。

ずばり日本人は英語の発音が苦手です。苦手な人が多い

そのワケをシンガー目線で(ボイトレをやった経験のある人間目線で)書いてみようと思います。

理由がわかれば解決策が見つかるかも。。

日本語との違い

口の奥に大きな空間を作る

英語は口の奥に大きな空間を作って響きの違いを作ります。聞き手はその響きの違いで相手の話している言葉の音を聞き分けるのです。

「THやRの音が日本語にはないから、、」というのをよく聞きますがそんなことよりも一番はこれです

「口の奥に空間が作れない=それをやるための筋肉がない」から英語的な音を発音するのが非常に苦手な人が多いのだと思います。

日本語は唇や舌先だけでしゃべられてしまいます。というよりそういった音の違いを言語として必要としていないから自然とそうなっているんでしょうね

指導者はあまり理解していない

語学学校の先生たちは多くの国の学生を相手にしていることもあって「日本人の発音の傾向」は明らかに知っていてくれるのですが「根本的な解決策」は教えてくれません。日本語しか話せない人の口の感覚がかわからないから説明のしようがないんだと思います。

だから明らかにネイティヴの発音とは遠く離れたものであっても、表面的な部分だけ「THは舌をこうやって〜、RはLと違って舌を〜」とかを見せて「うんよくなったね!」で終わってしまっているのを語学学校でよく見かけました。

英語的な発音は歌にすごく向いている

外人は歌が上手いは、、

ちなみにネイティヴの発音に近い発音が出来ている時の口の使い方はすごく歌に向いています

オペラでもポップスでも歌の上手い人は口の奥に大きな空間を作って歌を歌います。その方が豊かな響きを得ることができるからです。「外人の方が歌が上手い人が多い」という漠然としたイメージはこれが大きな要因の一つです。

言語的にもともと歌に向いている口の使い方ができる=外人は歌が上手いなのです。

口の奥の空間とは

舌の奥を下げる

口の奥に空間を作るためにはズバリ舌の奥を下げる(舌根を下げる)のです。

思っている以上に舌は口の中を占める割合が高く、また無意識に動いて口の奥をふさいでしまっています。なので図のように赤丸の部分の空間を広げるために舌の奥(舌根)を下げます。

この舌を下げるための筋肉をつけましょう。これは3ヶ月や半年ではおそらく身につかないですが、継続的にやれば誰でもできるようになります。

やり方はボイストレーニング(ボイトレ)に行けば教えてくれます笑。あとネット上にも色々載ってます。

まとめ

自信が大事

前提としてなまりは誰にでもありますし南米やその地域の人たちもそれぞれ独特のなまりがあります。だから伝わればいいんだと思います。

ただネイティヴに近い発音が出来なくて相手に伝わらない経験を多くするとどうしても自信をなくしていってしまって、話すことに消極的になっていってしまいます。

「なんかしゃべられるようにならないなぁ。。自分は英語が向いてないのかな」と感じて落ち込んでしまうのはもったいないです。。

上に書いたことが身につけば飛躍的に相手に伝わる頻度が増えるはずです!

みんなで英語力を、そして同時に歌力を伸ばしていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA